家の売却にかかる平均期間は3ヶ月程度です。

東京カンテイの2014年度のデータを見てみると、首都圏、近畿圏、中部圏の3つのエリアのマンション平均売却期間は下記のようになっています。

  • 首都圏:2.5ヵ月
  • 近畿圏:3.3ヵ月
  • 中部圏:4.1ヵ月

あまりに早い売却を目指して安く手放すのも考え物ですが、売り出してから3カ月を過ぎて内覧もないなら「売り出し方法や物件自体に問題がある」可能性が高いです。

売れないパターンを「そもそも内覧すらない」「内覧にはくるが購入の申し込みがない」2つに分けて考えてみましょう。

そもそも内覧すらない場合

内覧の申込すらない場合、以下のような問題点があります。

  • 売り出し価格が周辺相場よりも高い
  • 広告活動が十分ではなく、物件情報が魅力的ではない
  • 業者の囲い込みによって物件情報が隠されている

それぞれの対策を考えてみましょう。

売り出し価格が高い場合

売り出し価格が相場と比べて高ければ、内覧は入りません。

試しに、SUUMOやHOME’Sなどのポータルサイトで、売り出し価格に近い物件を見てみましょう。売り出している物件よりも条件が良い物件が多ければ、内覧は入りません。

買い手からの値下げ交渉があるとはいえ、あまりにも高ければ問い合わせする気にすらならないでしょう。

値下げは最後の手段ですから、他の理由を考えてみるべきです。

広告活動をどれだけしているか

広告活動は不動産業者に頼るしかありません。

・SUUMOやHOME’Sなどのポータルサイトに掲載されているか
・自社サイトで閲覧可能か

この2点だけは確認しておきましょう。

特に大切なのは物件の写真です。古い物件でも写真さえ綺麗なら印象がぐっと良くなります。

写真がきれいに撮られているか、写真の枚数が少なすぎないかも確認すべきです。

業者の囲い込みによって物件情報が隠されている

内覧の申し込みはあっても、不動産業者が両手取引を目指して意図的に物件情報を隠すケースがあります。

囲い込みをする業者に当たってしまうと、物件が本当に売れません。売り出しから3ヶ月経って内見の報告が一度もないなら、別の業者を探すのが良いでしょう。

仲介業者と専任媒介契約・専属専任媒介契約をしている場合でも、3か月後の更新のタイミングで乗り換えられます。

内覧はあるのになかなか家が売れない場合

内覧はあるのになかなか家が売れない場合、以下のような問題点があります。

  • 同価格帯の物件よりも魅力的ではない
  • 価格の割に物件の状態が良くなかったり、不具合がある
  • 売主が居住中のため、満足いく内覧ができない

同価格帯の物件よりも魅力的ではない

近所に同じ価格帯の物件が売りに出ている可能性があり、そちらの方が買い手の好みに合っていたことはあります。

内見に来てくれたという事は、あなたの物件が魅力的だったということですから、値段を下げないでも売れる可能性は十分にあります。

案内してくれた不動産屋の担当者から、何が決め手で売れなかったのかを聞いてみるのが良いでしょう。

価格の割に物件の状態が良くない、物件自体に不具合がある

そこに住んでいる人は慣れていて気にしなくなっているが、内見にきた人には分かるということがあります。

例えば「床が傾いている」「天井に雨漏りの痕跡がある」などです。

雨漏りの修理をしたとしても、天井にぼんやりとしたシミを見つけて気にする人は少なくありません。

売主が居住中のため、満足いくまで内見ができない

売主が退居してきれいに清掃されている家と、まだ住んでいて生活感が残っている家の場合、購入希望者は前者を選びます。

また、売主が居住中では、人によっては満足いくまで内見ができないことも多いです。

住宅の購入を考えている人はとても慎重になっていますから、わずかな理由が買わない理由になってしまいます。

空室にして鍵を不動産業者に預けていつでも内見できるようにしておけば、業者も案内しやすいです。

まとめ

内覧申し込みがある物件と、そもそも内覧すらない物件では売れない理由が異なります。

業者側に問題がある場合もあれば、売り手側に問題があって成約に結び付かないこともあります。問題点を見つけて早期売却を目指していきましょう。

おすすめ一括査定サイトはこちら

  • イエウール

    • 全国1400社以上の不動産会社と提携している
    • 最短60秒で一括査定
    • 売却成立サポート件数は年間20万件

    対応エリア 全国
    同時依頼件数 6社
    提携不動産会社 1400社以上
    審査対象 分譲マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、区分所有ビル、店舗・工場・倉庫
    運営会社 株式会社Speee

    イエウール公式サイト