住み替えを検討する理由は色々あります。子どもの進学や独立、気分転換、ペットの同居など・・・。

共通しいるのは「別に急いで売る必要はない」という有利な状況にいることです。焦って売る必要がないため、一括査定サイトなどを利用して良い不動産業者を探す時間があります。

せっかく有利な状況にいるのですから、複数の業者から査定を取って高く売れる業者を探すのが良いでしょう。

住み替えを検討する人が悩むとすれば「今住んでいる家の売却と新居の購入のどちらを先にしたらよいか」「住宅ローンの扱いをどうするか」の2点です。

今の住宅ローンを完済できるかどうか

最初に考えるのが『残っている住宅ローンが完済できるかどうか』です。

原則として、住宅ローンを完済できなければ家を売ることはできません。抵当権がついたままでは、購入者に所有権を移せないからです。

しかし、実際に売却額が住宅ローン残高に届かないことはよくあります。そんな場合は貯金から不足分を払ったり、買い替えローンを検討する必要があります。

売却額だけでは住宅ローンが完済できない場合
⇒新居探しと売却活動を同時に進行して買い替えローンを利用する。(同時進行タイプ)

売却額で住宅ローンが完済できる場合
⇒先に新居を購入して、それから今ある自宅を売ることができる。(買い先行タイプ)
⇒先に旧居を売ってから新居を探す(売り先行タイプ)

一番良いのは売却額で住宅ローンを完済できることです。

今ある家がいくらで売れるかはイエイの机上査定で簡単に調べられます。

住み替えローンを利用する場合の流れ

売却額だけでは住宅ローンが完済できない場合、住み替えローン(買い替えローン)を使って新居の購入を進めていくことになります。

  1. 不動産屋に訪問査定を依頼し、仲介契約する
  2. 銀行に相談して買い替えローンの準備をする
  3. 旧居の売却が完了したのと同時に買い替えローンを借りる

建売住宅の購入などでは『買い替え特約』という条件を付けて、売却がうまくいかなかった場合に備えることもできます

買い替え特約とは、「売買契約は結びますが、旧居が売れなければ買いません。その場合は違約金も払いません。」という条件のことです。

買い先行で一時的につなぎ融資を使える不動産屋もある

買い先行で、住み替え先の物件(購入物件)の支払いが、売却物件の代金受領よりも先に来てしまう場合、購入資金を立替えてくれる「つなぎ融資」を用意している不動産屋があります。

不動産屋から売却代金相当のお金を借りて、購入資金に充当し、売却代金でつなぎ融資を一括返済します。

つなぎ融資をしている代表的な不動産屋には三井のリハウス(買替つなぎ融資)や、野村不動産アーバンネット(買いかえ つなぎローンサービス)があります。

注意点としては、融資なので返済時に利子を上乗せすることと手数料がかかる点です。

おすすめ一括査定サイトはこちら

  • イエウール

    • 全国1400社以上の不動産会社と提携している
    • 最短60秒で一括査定
    • 売却成立サポート件数は年間20万件

    対応エリア 全国
    同時依頼件数 6社
    提携不動産会社 1400社以上
    審査対象 分譲マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、区分所有ビル、店舗・工場・倉庫
    運営会社 株式会社Speee

    イエウール公式サイト