住宅ローンが残っていなければ、離婚後も現在住んでいる家にどちらかが住み続けるのは簡単です。

しかし、住宅ローンが残っている場合、離婚後も今の家に住み続けようとすると、さまざまなトラブルの原因になってしまいます。婚姻関係がなくなっても金融機関との関係はなくならないからです。

それでも『今住んでいる家を売却したくない』という人はとても多いです。そんな人向けに、売却しない方法とその注意点について説明します。

最初に確認しておくこと

離婚後も今の家に住み続けたいなら、後でトラブルにならないように、名義人と連帯保証人の確認をしておかなければなりません。

ケース別の注意点に入る前に、以下の4つを確認しておきましょう

・住宅の所有名義人:不動産の登記簿に記載してある名義人は誰か
・住宅ローン名義人:ローンの契約をした当事者は誰か
・連帯債務者:夫婦が共に債務者となっているかどうか
・連帯保証人:ローン名義人がローンを滞納した場合に、直ちに返済を求められる人

離婚と住宅ローンのトラブルでもっとも多いのは「不動産と住宅ローンが夫名義、妻がローンの連帯保証人になっている」というケースです。

このケースをもとに3つの例を紹介します。

住宅ローンを元夫が払い、元妻と子が住み続けるケース(元夫は家を出る)

未成年の子どもがいる場合は「子供を転校させたくない」という考えで、この形を取ることが多いです。

【注意点】
家を出た元夫が経済的に厳しくなり、自分が住んでない家のローンを払い続けるモチベーションが低くなります。

元夫の住宅ローン滞納があれば、家が競売にかけられて、元妻と子は追い出される可能性があります。

通常、住宅ローン完済前に名義変更することは、銀行側が許可しません。

ローン契約の条件に「住宅ローン名義人が住んでいること」があれば、金融機関との契約違反にもなります。

住宅ローンを元夫が払い、元夫が住み続けるケース(元妻と子は家を出る)

元夫は自分が住んでいる家のローンを支払うため、ローンを払い続けるモチベーションを維持できます。

また、ローン名義人である夫が住み続けるので、銀行との契約違反にもなりません。

【注意点】
元妻が連帯保証人や連帯債務者となっている場合、元妻は、住んでない家のローンの返済を迫られる可能性があります。

元夫がローンを滞納してしまうと、元妻が支払わなければいけません。

住宅ローンを元妻の名義に変え、元妻と子が住み続けるケース(元夫は家を出る)

可能であれば、住宅の所有者を夫から妻にするのがもっともトラブルが少ないです。

原則として、住宅ローンが完済されるまで銀行側は所有者の名義変更に応じません。

しかし、住宅ローンを借り換える場合は別です。住宅ローンを妻の名義で借り換える場合は、銀行側も不動産名義の変更に応じます。

ただし、元妻に一定の収入があることが条件です。ローン残債に応じた収入がなければ、ローンの審査に通りません。アルバイトやパートの収入だけだと借り換えは難しいでしょう。

問題は「住宅ローンの支払いが滞らないかどうか」だけ

離婚したあとに問題となるのは元夫・元妻の関係ではありません。「住宅ローンの支払いが滞って今の家に住めなくなるかもしれない」ことが最大の不安要素です。

離婚してお互いが新しい生活をしていくのですから、売りに出して現金にした方が後々のトラブルは少ないです。

「子供を転校させたくない」場合は、近隣の賃貸物件を借りるという手もあります。『離婚したいけれど、住宅ローンが残っているので売るに売れない』という方は、下記の記事を参考にしてください。

おすすめ一括査定サイトはこちら

  • イエウール

    • 全国1400社以上の不動産会社と提携している
    • 最短60秒で一括査定
    • 売却成立サポート件数は年間20万件

    対応エリア 全国
    同時依頼件数 6社
    提携不動産会社 1400社以上
    審査対象 分譲マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、区分所有ビル、店舗・工場・倉庫
    運営会社 株式会社Speee

    イエウール公式サイト