近年、「住宅ローンが払えなくなったから売る」という売却理由が増えています。原因としては勤めていた会社の倒産、ゆとりローンの弊害、病気やケガなどがあります。

この記事では、住宅ローンが払えなくなった人がどうすれば良いかをケース別に解説します。

まだ住宅ローンの滞納をしていない場合

住宅ローンの支払いが厳しくなった時は、まず金融機関に相談してください。金融機関としても住宅ローンを払い続けてもらった方がよいですから、親身に対応してくれます。

それでも住宅ローンの返済が厳しく、近い将来に滞納するのが確実なら、担保となっている自宅を売却してローンの返済にあてることになります。

住宅ローンを完済していない家を売る事はできませんが、売却代金で住宅ローンを完済できるなら問題ありません。

そのためには、今ある家を高く売ることが大切です。不動産一括査定サイトなどを活用して、できるだけ高く売りましょう。

売却代金で住宅ローンを完済できなければ『任意売却』する

売却代金だけで住宅ローンを完済できない場合、『任意売却』という方法で家を売ることになります。

任意売却とは、住宅ローンの支払いが困難になった人の救済手段です。住宅ローンを扱っている金融機関から同意をもらい、ローンを残したままで不動産を売却します。

任意売却か一般的な不動産売却かは、今ある家がいくら売れるかで決まります。まずはイエイの机上査定で、いくらで売れるかを調べてください。

査定額が低くて一般的な不動産売却ができないならば、任意売却を検討することになります。

すでに住宅ローンを滞納している人はどうなる?

住宅ローンの返済が滞った場合の流れは下記の通りになります。

滞納して1~2か月

住宅ローンを借りている金融機関から「引き落としがされていません」というお手紙や電話がきます。

まずは金融機関に相談してください。住宅ローンの返済期間を延長し、月々の支払額を減らしてもらうことができます。

滞納して3~5か月

住宅ローン滞納による支払督促状や催告書が届きます。

「債務者は○○銀行に対し、○月○日までに○○円を支払え」というような厳しい書面です。

ここでも無視して住宅ローンを滞納していると、裁判所から競売開始決定通知が届きます。金融機関によっては3か月で競売手続きに入ることもあります。

この時点ではまだ任意売却という選択肢があります。「任意売却相談センター」などで専門家に任意売却の相談をしてください。

滞納して6か月

滞納して6か月も経つと、金融機関から「住宅ローン残債全額と遅延損害金を一括を支払ってください」という一括返済の請求や、裁判所から競売開始決定通知が届きます。

ここで一括返済できなければ、法的手続きである『競売』で問題を解決することになります。

裁判所から競売開始決定通知が届いて、初めて行動する人がとても多いです。こうなってしまうと、競売か任意売却するかの2つしかありません。

競売開始決定通知が届いてからでも任意売却できる可能性はありますが、住宅ローン滞納は早ければ早いほど解決方法の選択肢が多くなります。

任意売却するにしても、行動が早い方が売却価格が高くなりやすいです。督促状が届いたタイミング(滞納して3か月程度)で売却に向けて動いた方がよいでしょう。

住宅ローン以外にも借金があるなら「個人再生」という家を売らない選択肢がある

消費者金融や銀行カードローンなど、住宅ローン以外にも借金があるなら「個人再生」で解決できる可能性があります。

個人再生とは『裁判所を通じて借金を減額してもらう制度』です。

借金の返済が困難で支払い不能になりそうな人は、裁判所に申立てをすることで、住宅ローン以外の借金を大幅に減額できます。(つまり、マイホームを手放さずに借金を減額できます)
個人再生の特徴を解説します。住宅を手放さずに済む条件とは何でしょう?

裁判所を通じて住宅ローン以外の借金を5分の1に減額できます。この制度なら自宅を手放すことなく、住宅ローンの返済期間も延長して他の借金を減らすことができます。

まとめ:住宅ローンが払えなくなったらどうすればよい?

1.まずは金融機関に相談する
2.滞納しそうならできるだけ早く売却に向けて動く。高く売るためには不動産一括査定サイトを活用する
3.滞納して3か月も経つと競売のリスクが高くなるので、一刻も早く任意売却する

競売になってしまうと、一般的な不動産売却の7割~5割程度の売却価格にしかなりません。わざわざ不利な条件で売る事はありませんから、なんとか任意売却できるように頑張っていきましょう。

おすすめ一括査定サイトはこちら

  • イエウール

    • 全国1400社以上の不動産会社と提携している
    • 最短60秒で一括査定
    • 売却成立サポート件数は年間20万件

    対応エリア 全国
    同時依頼件数 6社
    提携不動産会社 1400社以上
    審査対象 分譲マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、区分所有ビル、店舗・工場・倉庫
    運営会社 株式会社Speee

    イエウール公式サイト