引越すタイミングは、新居が決まっているかどうかで異なります。

新居が決まっているなら、入居できるタイミングで引越せばよいですし、その方が内覧されやすくなります。

新居が決まっていなければ、売買契約をしてから引き渡しまでの間に引越しをする必要があります。

新居が決まっている場合

新居が決まっているなら、新居へ入居できるタイミングで引越してしまうのがベストです。

家を売るなら空き家の方が有利です。内覧希望者をこちらの希望で断らずにすみますし、買い手側だって空き家にしておいた方が気兼ねなく内覧できます。

売買契約後に新居への入居日が変わった時は?

問題は、新居への入居時期が、今住んでいる家の引き渡し時期よりも後になってしまう場合です。買い替えのために売り出したが、『売買契約後に新居への入居時期がズレてしまう』ということがあります。

新築マンションや一戸建て工事に遅れがあったら、どうしようもありません。基本的には不動産屋や相手方と相談して調整しますが、どうしようもない時はウィークリーマンションを利用することになります。

新居が決まっていない場合

新居への引越しは、売買契約後から引き渡しまでの間にすることになります。

売買契約をした時点で新居が決まってなければ、一時的な仮住まいを用意します。仮住まいは一般的な賃貸物件でもよいですし、ウィークリーマンションでもよいでしょう。

家を早い時期に高く売るなら、売り出し活動のために賃貸物件へ引越す方が良いと思います。空き家の方が内覧希望者が多くなりますし、ホームステージングサービスを利用するにしても選択肢が多くなります。

仮住まい探しも同じ業者に依頼する?

売却をお願いする業者に賃貸物件の仲介を依頼するかどうかは業者によって異なります。

基本的には同じ業者に依頼するのがよいでしょう。家の売却と引越しを同時に行うのは結構大変ですから、同じ業者へ依頼すれば調整しやすくなります。

大手だと売買と賃貸は担当者が異なることが多いです。家の売却を依頼しているので業者にとっては手放すわけにはいかないお客さんです。同じ業者が管理している物件なら仲介手数料は無料のことが多いですし、礼金についてもかなり融通が利きます。

仮住まいへの引越しができてないのに引き渡し日がきてしまうと本当に大変です。売買契約を結んだ段階で賃貸物件を探しはじめて、引き渡し日までに引越し業者の手配を済ませましょう。

引越し業者は一括見積もりサイトを利用すると便利です。SUUMOは電話入力なしで業者を探せるので営業電話に苦労することもありません。

おすすめ:SUUMO引越し

おすすめ一括査定サイトはこちら

  • イエウール

    • 全国1400社以上の不動産会社と提携している
    • 最短60秒で一括査定
    • 売却成立サポート件数は年間20万件

    対応エリア 全国
    同時依頼件数 6社
    提携不動産会社 1400社以上
    審査対象 分譲マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、区分所有ビル、店舗・工場・倉庫
    運営会社 株式会社Speee

    イエウール公式サイト