自宅を売る場合、空き家状態にしてから売るのと、居住しながら売るのはどちらが良いでしょう?空き家にしてから売るのは人によっては難しいですが、高く売るためには検討したい方法です。

空き家状態の方が売れやすい

結論から言うと、空き家のほうが早期売却できる可能性が高いです。

全く同じ部屋を下記の2つの条件で売り出す場合、買主はどちらを選ぶでしょうか?

  • 売主が引越してきれいに掃除された部屋
  • 売主が住んでいて生活感の残っている部屋

この2つなら、買主のほとんどが前者を選びます。生活感のある家よりは、生活感のない家の方が売れやすいからです。

生活感のない家の方が売れやすい理由

「生活感のある方が買い手がイメージしやすい」という不動産屋もいますが、それは営業トークでしょう。

生活感のある方が売れやすいのならば、新築マンションのモデルルームは、もっと生活感を出しているはずです。中古物件でも同じことがいえます。

誰かが生活している空間を見て、具体的に「自分が住んだら○○する」とイメージできる人は少ないです。物が多いことで部屋が狭く見えてしまいますので、空き家状態で部屋が広く見える方が有利です。

不動産の購入時は細かいところを見て慎重に検討しますので、部屋の臭いやヨゴレなどのちょっとしたことが買わない理由になってしまいます。

空き家にしておけば内見も多くなる

空き家にして不動産屋に鍵を預けておけば、いつでも内覧が可能になります。

急な内覧希望者があらわれても断らずにすみますし、不動産屋の営業マンも紹介しやすくなります。

住みながら売るために大切なこと

居住中の家を売る理由で一番多いのが「住み替え(買い替え)」です。

今の家を売るために仮住まいのための賃貸費用を払ったり、二重の住宅ローンを組むのはとても大変ですから、住みながら売るのが現実的と言う方も多いでしょう。

住みながら売るために気を付けることを紹介します。

  • 荷物を片付けて部屋を広く見せる
  • カーテンを全開にして室内を明るくする
  • クローゼットや押し入れは奥行きを測れるように、見られたら嫌なものは別の場所に移しておく

なるべく生活感を見せないのはもちろんですが、「売主の都合で買主の欲しい情報が得られない」なんてことにならないように気を付けましょう。

クローゼットの中に見られたくないものがあって、内覧した人がサイズを測るのを断ってしまう売主もいますが、そんなことにならないように片付けを頑張りましょう。

内見で生の声を伝えられるメリットを活かす

買い手にとって、そこに住んでいる人の生の声はとても貴重です。そこに住んでいる人しか分からない情報があるからです。新築よりも中古住宅の方が優れている点にもなりえます。

  • 近隣住民がどんな人なのか
  • 買い物はどこでしているのか
  • 子供が通う学校のこと
  • 住んでみて良かったこと(治安の良さ・夜静かなことなど)
  • なぜ今の家を売ることになったか

買い物施設や治安などは、買主にとっては知っておきたい生活情報です。ありのままを正直に話すだけでも好印象につながります。

この時、ウソをついたり過度にアピールするのはやめましょう。周辺施設は少し調べれば事実かどうかわかりますし、やたらとアピールされても相手が困惑してしまいます。

おすすめ一括査定サイトはこちら

  • イエウール

    • 全国1400社以上の不動産会社と提携している
    • 最短60秒で一括査定
    • 売却成立サポート件数は年間20万件

    対応エリア 全国
    同時依頼件数 6社
    提携不動産会社 1400社以上
    審査対象 分譲マンション、一戸建て、土地、マンション一棟、アパート一棟、ビル一棟、区分所有ビル、店舗・工場・倉庫
    運営会社 株式会社Speee

    イエウール公式サイト